http://www33.ocn.ne.jp/~mariakannon/
更新履歴
■2014.08.29 New
9/4ライヴ情報変更
■2014.08.19
ライヴ情報追加
■2014.07.01
ライヴ情報追加
■2014.05.09
ライヴ情報追加
■2014.02.13
ライヴ情報追加
■2014.01.07
ライヴ情報追加
HOME
プロフィール
木幡東介
ライヴ情報
作品集
Discography(English)
フォトライブラリー
マリア観音博物館
エレクトタイムス
リンク
メール
フライヤー画像
木幡作品ポストカード
エレクトレコード
Mr.エレクトの独り言
エレクトレコードのオーナーMr.エレクトによる独舌日記。必見!
MySpace Japan
マリア観音の視聴可能!
MySpaceサイトはこちら
マリア観音の魅力とは
ある一線を越えるトゥーマッチなまでの爆発力であり、更にはそのエネルギーが無秩序に暴走せぬ様、揺るがぬ規律によって貫かれる事によってのみ現出する恍惚的なまでの美しさ。それらは狂人の如き肉体の酷使と、強靭な理性の行使を以って初めて成し得る極めて稀な成果である。By:Mr.エレクト
撮影:Nats
〜 マリア観音/バンド活動再開 〜
Vo : 木幡東介
Ds : 平野勇( Vladivostok Powder Genocide / 他 )
G : 青山まりな( Vladivostok Powder Genocide / 解剖室 / 他 )
B : 伊藤明子( Texaco Leatherman )
Key : a_Kira( Asian Crack BAND / 地下102階 )


昨年行われたワンマン・ライヴ時の写真集!!
⇒2013/11/12 「絶滅動物記」第二章〜「木幡東介ワンマン・ライヴ」
'87年、西洋のロックを模倣する日本の音楽シーンの潮流に逆らい、日本人による日本語の表現を追及すべく「マリア観音」結成。バンド活動休止後は、主にギター弾き語りやドラム・ソロ・パフォーマンスを中心に、舞踏等、音楽以外のジャンルのアーティストとのセッションも意欲的に行う。これまでにリリースした作品は50タイトル以上(代表作に「犬死に」「開き盲目」「歪む正義」等)。現在もなお、音楽による自己表現確立の、その途上に在る
★木幡東介★
■「木幡東介ライヴ絵巻“一対一”」第二夜
[日時] 2014年9月19日(金)
[会場] 高円寺HACO
東京都杉並区高円寺南3−69−1
(高円寺駅北口より高架下を徒歩2分〜無力無善寺のちょっと手前)
⇒アクセス
[開場/開演] 19:30 / 20:00
[料金] 前売・当日2,000円+ドリンク代500円
[出演] 子宮良太
木幡東介(マリア観音)
[出演者紹介] 子宮良太(コミヤリョウタ)
作詞・作曲・編曲家。自ら、歌唄い・パフォーマーとして活動。曲によりギター、ベース、サックスを演奏。コンピューターサウンドを媒体とすることもある。ライブ形態はソロ、セッション、バンドと「そのときやりたい事・その時やりたい人」が軸となり常に違うライブを展開。変幻自在のサウンドメーカーであり、今後も予測不可能。その多様性、爆発性、まとまりのなさ、子宮良太の活動としてくくり難いサウンドを生み出した時、名前を変えてライブ活動、音源の発表をしている。独特の子宮良太ワールドは常に賛否両論。

★ご注意★内容・開催場所が変更となりマシタ!!
■木幡東介ワンマン・ライヴ
[日時] 2014年9月4日(木)
[会場] 高円寺Barチモール(THYMOL)
東京都杉並区高円寺北3-21-10
(JR高円寺北口左手「中通り商店街」〜左手に「セブンイレブン」と「抱瓶」のあるT字路を右折〜「鈴木歯科」の一軒先)
⇒アクセス
[開場/開演] 20:40 / 21:00
[料金] 前売・当日2,000円+ドリンク代500円
[出演] 木幡東介(マリア観音)

■南部藤井『歌モノ企画』第19回
[日時] 2014年8月22日(金)
[会場] 阿佐ヶ谷Yellow Vision
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2−2−2 阿佐ヶ谷北2丁目ビルB1
[開場/開演] 19:00 / 19:30
[料金] 前売・当日1,500円+ドリンク代
[出演] 木幡東介(マリア観音)
西宮灰鼠
藤井政英+南部輝久
★木幡の出演はトップとなりマス!!
■マリア観音 “二つ目小僧” 2014.01.25 @秋葉原GOODMAN
「脱権力の地図〜絶滅動物記」第一章

下層階級による反植民地音楽のための習作!

同時代性皆無
懐古趣味皆無
娯楽性皆無
商品価値皆無
文学性皆無
集団帰属意識皆無
共同幻想皆無

因襲的偏見の重圧から自らを脱却させる試み。

既成観念によらず自身の悟性を用いて自主的にものを考える態度。

いったいどこから来てどこに行くのか?
どのような人が良いと感じるのか?
あるいは自らがそれを喜ぶのか?

社交芸術としての技術とは?
これをロックと呼べるのか?
それとも模倣以下の個性なのか?

言うなれば、これは25年前に始めたマリア観音というロック・バンドを出発点とした探検の記録なのだ。

木幡東介



克服すべきは病苦か?解離か?疎外感か?それとも愛情飢餓か?
絶え間無い葛藤と自己闘争との渦中で屹立する孤独な魂に捧ぐ!



■「木幡東介」新作発売情報!!(2011年1月12日号)
「木幡東介ライヴDVD−R(EDR−008〜9)」2枚組¥2,000
<DISC−1>
2010年10月31日@吉祥寺Fourth Floor(SE+エレキ・ギター弾き語り)
神無月の今豚(Kong-Tong)+エレクトレコード共同企画
「脱権力の地図」其の五〜木幡東介(マリア観音)単独公演

1.棄脱の天地
2.秋から冬へ
3.泥人形
4.冬の蝶
5.薄羽蜉蝣
6.溶け合う一つの色に向かって
7.夏の闇を真似る擬態
8.夏の二人
9.野いちごおとし
約68分(完全収録)

<DISC−2>
2010年10月18日@新宿URGA(SE+ドラム・ソロ)
「FLAG OF NOTHINGNESS 41」より

@通常版
1.斑猫
2.天獄
Aワイド画面/音声編集版
1.斑猫
2.天獄
各・約29分(完全収録)

切り絵/木幡東介
撮影・編集/キチキチキチロー
制作/エレクトレコード

※DVDプレーヤー及び、パソコンでは「PowerDVD」でのみ再生可能。(個人撮影につき、多少のドロップやノイズが出る場合がございますが、ご了承下サイませ。)
■「木幡東介ライヴCD−R(ECR−006)」¥1000
(1)2010年10月18日@新宿URGA
「FLAG OF NOTHINGNESS 41」より

1.斑猫
2〜3.天獄
(SE+ドラム・ソロ)

(2)2010年8月1日@新宿JAM
「変人の変人による変人のための演奏会-其の七-」より

4.棄脱の天地
5.野いちごおとし
6.薄羽蜉蝣
(SE+エレキ・ギター弾き語り)
収録時間:55分21秒(完全収録)

切り絵/木幡東介
録音・編集/吉澤裕史
制作/エレクトレコード

解説(上記2作共通)
本作は、数年ぶりに行われたSE+ドラム・ソロ形態によるソロ・パフォーマンスと、現在メインで行っているSE+エレキ・ギター弾き語りソロ・ライヴとをカップリングした、2010年における木幡東介の音楽活動の集大成とも言える作品。世の中には、多くの人達を楽しませる事が出来る音楽も必要だが、遠くに住む孤独な誰かを勇気づけるための音楽も絶対に必要なのだ。

▼上記の作品はいずれも、ライヴ会場及び当店にて通販可能。(店舗は長期休業中)
http://www33.ocn.ne.jp/~mariakannon/erectrecord/

▼近日中に、いぬん堂ネット・ショップでも販売開始!!
http://inundow.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=42287&csid=21


★キャンペーン実施中!!
現在、木幡東介/マリア観音の作品を3000円以上お買い上げの方に、前回のワンマン・ライヴで進呈した全5曲収録の特典CD−Rをプレゼント中!!

<収録曲目>
1.溶け合う一つの色に向って
2.夏の闇を真似る擬態
3.夏の二人
4.人の念仏
5.いつも足もとに居る黒い犬

▼「木幡東介/マリア観音」在庫リスト(2011年1月現在)
http://erect.blog5.fc2.com/blog-entry-1980.html#

▼YouTubeにて動画を配信中!!
http://www.youtube.com/user/ERECTRECORD
⇒「マリア観音」MYSPACE
⇒「マリア観音」コミュニティ
⇒「木幡東介」コミュニティ
マリア観音博物館 http://mutyasuke.exblog.jp/
<木幡東介/Tohsuke Kowata>
バンド活動休止後は、エレキ・ギター弾き語り、パーカッション・パフォーマンス、ドラム・ソロ等、様々な形態のソロ・パフォーマンスを中心に、舞踏等、音楽以外のアーティストとのセッションも意欲的に行なう。また、視覚的な舞台演出においても独自な方法論を模索し、自己表現における限界に挑戦。本作は、それら活動形態の核となるギター弾き語りから、日本刀の一振りを思わせる、鮮烈なうたの数々を収録。
更新履歴 2014.08.29
2014.08.19
2014.07.01
2014.05.09
2014.02.13
2014.01.07
2013.12.02
2013.11.01
2013.10.03
2013.08.19
2013.06.18
2013.04.01
2013.02.04
2013.01.16
2012.10.09
2012.08.22
2012.02.20
2012.02.06
2011.12.27
2011.11.15
2011.01.12
2010.10.28
2010.06.22
2010.05.10
2010.02.24
2010.01.04
2009.12.24
2009.10.26
2009.10.01
2009.06.03
2009.04.13
2008.12.12
2008.10.16
2008.07.28
2007.11.05
2007.08.06
2007.04.25
2007.03.13
2007.01.09
2006.12.08
2006.11.07
2006.10.06
2006.09.22
2006.08.07
2006.06.30
2006.06.09
2006.04.06
2005.12.22
2005.11.04
2005.10.31
2005.10.12
2005.10.05
2005.10.05
2005.10.03
2005.10.03
2005.07.28
2005.07.07
2005.05.28
2005.05.28
2005.04.06
2005.03.22
2005.03.15
2005.03.09
2005.02.26
2004.12.20
2004.11.27
2004.11.19
2004.11.03
2004.11.01
2004.10.26
ライヴ情報 9月4日ライブの内容変更
ライヴ情報 8月・9月ライブ情報追加
ライヴ情報 7月・8月ライブ情報追加
ライヴ情報 5月ライブ情報追加
ライヴ情報 2月・3月ライブ情報追加
ライヴ情報 1月ライブ情報追加
ライヴ情報 12月1月ライブ情報追加
ライヴ情報 3件追加
ライヴ情報 6件追加
ライヴ情報 2件+α追加
ライヴ情報 2件追加 / 2013年4月29日APIA40でのライブ動画追加
ライヴ情報 3件追加
ライヴ情報 1件追加(ワンマン)
ライヴ情報 1件追加
ライヴ情報 1件追加
ライヴ情報 1件追加(ワンマン)
ライヴ情報 1件追加(約10年振りにバンド編成でライヴ開催!)
ライヴ情報 1件追加
ライヴ情報 1件追加 / ARUHIプロフィール追加
ライヴ情報 1件追加
「木幡東介」新譜発売情報追加
ライヴ情報 1件追加
ライヴ情報 詳細更新(フライヤー画像アップ!必読!)
ライヴ情報 4件追加
ライヴ情報 2件追加
ライヴ情報 1件追加
ライヴ情報 1件追加
ドラムにて参加のライブ情報追加
木幡東介第2回作品展の情報追加
ライヴ情報 1件追加
ライヴ情報 1件追加
木幡東介作品展の情報追加
ライヴ情報 2件追加
ライヴ情報 1件追加
ライヴ情報 1件追加
ライヴ情報 1件追加
ライヴ情報 2件追加
ライヴ情報 1件追加
ライヴ情報 1件追加
ライヴ情報 1件追加
ライヴ情報 1件追加
ライヴ情報 1件追加
ライヴ情報 1件追加
ライヴ情報 1件追加
2006.07.13ライヴのゲスト西川裕一氏・崎田武志氏の視聴曲アップ
ライヴ情報 1件追加
ライヴ情報 1件追加
マリア観音博物館がNewOpen!リンクを追加
フォトライブラリーに第六期の写真を追加
2005.12.20ライブのフライヤー画像アップ
フォトライブラリーに第一期・第二期・第四期の写真を追加
本場アフリカン・ドラム奏者ニテテ氏のリンク追加
ライヴ情報ページに木幡とニテテ氏の練習風景写真をアップ
作品集英語ページ「Discography(English)」アップ
次回ライヴに本場アフリカン・ドラム奏者ニテテ氏のゲスト出演情報追加
ライヴ情報 3件追加
2005.07.09ライブのフライヤー画像アップ
ライヴ情報 1件追加
木幡東介作品ポストカード 購入もできます!
レコードショップのリンクを2件追加
2005.04.16&05.27ライブのフライヤー画像アップ
Mr.エレクトの独り言(URLが変更になりました。さらにパワーアップ!)
過去開催ライヴフライヤー画像アップ
ライヴ情報 2件追加
2005.1/23開催ライヴフライヤー画像アップ
作品集 「歪む正義」「棄脱の天地」から試聴曲をアップ
ライヴ情報 2005.1/23(日)吉祥寺シルバーエレファントにて開催!
スペシャルコンテンツ(フライヤー画像アップ)
エレクトタイムス22・23追加
サイトデザインリニューアル
Copyright(c)2007 マリア観音 All rights reserved.