先天性心疾患アトラス
と電子カルテ仕様
12誘導心電図遠隔
リアルタイム同時表示
テレバイタルご案内
12誘導、
ブルーツース無線式
パソコン心電計
メディカルテクニカ
電話048-928-0168
medicalteknikajp@gmail.com
medicalteknika@hotmail.com

since2001
update May25,2010


サイトマップ

マイクロメディカルインダストリ社製

12誘導心電計

カルディオビュー

のご案内
パソコン心電計
外観
パソコン心電計
画面例
パソコン心電計
カタログ表面
パソコン心電計
カタログ裏面
パソコン心電計
英国の実例
パソコン心電計
ECG PC LINK 特徴
パソコン心電計
ご利用方法 
パソコン心電計
ご採用の利点
パソコン心電計
販売取扱
パソコン心電計
関連資料
電子カルテとの
インテグレーション
希望価格
古パソコン
心電計に甦り
世界一小型
12誘導心電計
デモソフトウエア テレバイタルシステム テレバイタル
総合システム図
テレバイタル
のご案内
テレバイタルシステム 12誘導心電図
遠隔同時表示デモ
のご案内
テレバイタル
の典型的な例
テレバイタル
最新設置状況
新しい運動療法
先天性心疾患
マルティユーザ型
ペドカス
ネットワーク
ペドカスと
HIPAA
ペドカスと
川崎病
ペドカス
画像例
日本心臓血管
内視鏡学会
弊社ご案内ページ 1 弊社ご案内ページ 2 弊社ご案内ページ 3 弊社ご案内ページ 4 弊社ご案内ページ 6 手動式造影剤注入器

12誘導心電図の持たらす効用」の研究ご賛同者募集

心電図の計測の簡便化をICTを用いて技術面から検証、効用を検討する、

1、何処でも、何時でも、誰でも、測定可能

2、測定すると、センターで記憶、

3、何処でも、何時でも、誰でも、呼出せる

4、二重三重の測定が避けられる

5、他の方法や診断や投薬や処置などのより適性を保証する、

6、病診連携がより適性化される、

7、再来の場合、過去との対比で、より適性化が図れる、

8、医療機器の有効利用が期待できる、

9、複数の専門医がほとんど同時に診断できる、例えば、冠動脈、不整脈、心臓外科、

高血圧、腎臓、透析、脳血管、肺、呼吸、血管外科、集中治療、救急、麻酔など、

10、投薬の適性化、あるいは、創薬の一助のデータの提供、

11、在宅ネットとの連携が期待できる、

 

メディカルテクニカまで、

Email  gelertduna@gmail.com

 

12誘導心電計と仲間たち

「モバイルクラウド心電図」は院外・プレホスピタルケアに有効か 第33回医療情報学連合大会(第14回日本医療情報学会学術大会) 2013/12/25 15:37 増田 克喜=医療ITライター 東京大学大学院医学系研究科健康空間情報学准教授 藤田英雄氏 開発したモバイルクラウド心電図の特徴 竹田市消防本部の救急車から走行中に大分大学医学部附属病院救命救急センターへ伝送されたモバイルクラウド心電図の波形  11月21〜23日に神戸市で開催された第33回医療情報学連合大会(第14回日本医療情報学会学術大会)で、東京大学大学院医学系研究科健康空間情報学の藤田英雄氏と大分大学医学部附属病院の下村剛氏が、クラウド環境下で運用するモバイル心電図(12誘導心電図)の実証試験について、その概要と結果を発表した。  東京大学大学院医学系研究科 健康空間情報学准教授 藤田英雄氏は、まず急性心筋梗塞の救命率と予後改善のために、院外・プレホスピタルケアの重要性を説明した。「カテーテルを用いたPCI(経皮的冠動脈形成術)によるステント留置や、血栓溶解療法による再灌流療法の導入により、院内死亡率は劇的に減少した。一方、院外では心肺停止で搬送される患者で、心筋梗塞であったと思われる患者の死亡率は改善していない。心筋梗塞発症から再灌流治療を受けるまでの時間を、いかに短縮するかが重要だ。特に院外・プレホスピタルケアに改善の余地がある」と強調した。  藤田氏は、急性心筋梗塞において12誘導心電図診断(四肢および前胸部の12個の電極から得られる心電図を基に診断)の有効性の知見が示されているが、それを普及させる素地が整っていなかったと指摘。そこで、市販のモバイル12誘導心電計ユニット(EC-12R、Labtech社)、スマートフォン・タブレット端末、クラウドICTを利用して、プレホスピタルケアスタッフ、循環器専門医がデータ供覧する救急遠隔医療を実現。EMS to balloon time(救急要請から再灌流までの時間)、Door to balloon time(病院到着後から再灌流までの時間)を短縮する実証試験を行ってきた。  「システム開発に際しては、コスト低減も考慮し、徹底的に不必要な機能を排除した。リアルタイムの心電図伝送の必要性はAED普及により低下したため、12誘導心電図の固定レンダリング伝送としたほか、伝送機器にはスマートフォンやタブレットなどの民生モバイル端末を使用。確実な伝送と関係者がデータを瞬時に供覧可能な、クラウドコンピューティングを採用した」(藤田氏)。  臨床試験の実施フィールドは2カ所。1つは、神奈川県の県北・県央エリアにおいて北里大学病院のドクターカーにモバイルクラウド心電図を配備して行ったケースで、EMS to balloon timeとDoor to balloon timeを計測した。  2011年8月から2年間で、急性心筋梗塞の疑いで出動した症例は33件。医師2人、看護師1人、研修中の救命士1人が搭乗して出動し、現場到着後から搬送中にモバイルクラウド心電図を作動。北里大学病院救命救急センターの専門医とデータ共有しながら、遠隔診断(補助)を行い、同時にカテーテル室を起動した。このときのEMS to balloon timeは平均約91分、Door to balloon timeは同52分だった。「モバイルクラウド心電図を運用しない従来の救急車群では、診断はセンター到着後に行われ、カテーテル室を起動する。両者のEMS to balloon timeとDoor to balloon timeを比較すると、共に約20分短縮されており、統計上有効と認められた」(藤田氏)という。  もう1つの実証フィールドは、広域医療連携を目的にした北海道十勝エリア。帯広市の北斗病院をPCI施設として、周辺の足寄国保病院など5施設にモバイルクラウド心電図システムを配備し、急性循環器疾患が疑われる搬送照会例について心電図を供覧のうえ、北斗病院への搬送決定を行った。  「5施設と北斗病院との平均距離は64キロかなりの広域。それらの施設での症例を搬送決定する場合、従来の電話に12誘導心電図を加えたことによって、搬送の必要がない症例を見つけることができた。実際の救急搬送率は12.6%。リスク層別化により、救急搬送の判断がより適切化したと言える」と藤田氏は評価した。  大分大学医学部医学部附属病院准教授 下村剛氏は、このモバイルクラウド心電図と高精細動態管理システムを装備した、救急車による医療連携実証試験について発表した。  大分大学医学部附属病院救命救急センターでは、2010年4月から医師らがドクターカーに乗って、救急現場やドッキングポイントで消防本部の救急隊と合流するプレホスピタルケアを行っている。ドクターカーには、車外・患者映像モニター、モバイルクラウド心電図、カーナビによる位置情報をセンターにリアルタイムで伝送するシステムが搭載されている。  さらに、GPS受信機内蔵ボイスパケットトランシーバーを搭載し、ドクターカーの位置・走行速度などをセンターで正確に追跡できるようになっている。また、2012年10月よりドクターヘリも導入している。「こうしたプレホスピタルケア環境に加え、2012年8月より新たな試みとして竹田市消防本部の救急車2台にモバイルクラウド心電図を配備し、その有用性を検証した」(下村氏)。  2013年11月までの実証試験において23症例(32〜86歳の患者)にモバイルクラウド心電図を使用。そのうち、急性冠症候群が6例、他の循環器疾患が7例(不整脈2例、心不全4例、狭心症の疑い1例)、その他10症例(意識障害、重症くも膜下出血、脱水症等)だった。  具体的な症例では、午前1時に胸痛を自覚、救急要請が2時2分にあり、救急隊が2時29分に到着。その時点でクラウド心電図を伝送し、循環器専門医と供覧した。「実際に伝送された心電図で、心筋梗塞の典型的な所見が見られた。搬送までに時間がかかるので走行中も計測して結果が残っているが、ノイズを拾わずにはっきりと取れ、問題なく伝送されている。救急隊から伝送された心電図を元に、循環器専門医が診断(補助)した時点でPCIを準備・待機し、到着後に迅速なカテーテル検査・治療の素早い対応ができた」と下村氏は説明した。  もう1つのケースは、モバイルクラウド心電図搭載救急車とドクターヘリがランデブーポイントで接触し、センターに搬送した84歳の急性心筋梗塞患者の例。朝食中に胸痛を自覚し、8時21分に救急要請。救急隊と同時にドクターヘリが出動した。ヘリがランデブーポイント到着前に、救急隊からのモバイルクラウド心電図をセンターの循環器専門医と供覧し、受入準備を開始した。8時36分にヘリが到着して搭乗医によってバイアスピリン内服、レペタン静注の処置が行われ、9時1分にセンターに到着。速やかにカテーテル検査・治療が実施できたという。  救急隊によるモバイルクラウド心電図運用の評価と今後の課題について、下村氏は、「モバイルクラウド心電図は操作が簡便であるため、救急隊員はすぐに使いこなすことができた。県内には電波状況がよくない地域もあるが、伝送ができなかったのはサーバーの不調が原因の1例のみだった」と評価した。  救急搬送先の選定においてもクラウド心電図は有効で、ドクターカーとのドッキング時は高精細動態管理システムが有効だったという。下村氏は「今後、急性冠症候群に対応できる各病院の救命科や循環器科との連携を深める必要がある。また、モバイルクラウド心電図の配備を県下の消防本部に広げていくことが重要」と述べた。

スマートタブレット式12誘導心電計は、ハンガリ国ラブテック社で実現
スマートタブレットの、ブルーツースで、直接、12誘導心電計から
12誘導心電図を無線で受信し、12誘導心電図を表示します。
その12誘導心電図は、アンドロイドのスマートタブレットで動作し 携帯電話網を用いて、
他のスマートタブレットや、スマートホンや 一般パソコンへ送信し、
また、仕様により、サーバーやクラウドに記憶できます。
どこでも、即座に12誘導心電図が表示できるので
、緊急な診断に 救命救急のお手伝いをします。
                 
  平成23年10月吉日
             12誘導心電計のアンドロイド対応が世界発で、 発売します
  なお、Windows Mobile版は、すでに発売済みです。
 なお、当該製品の一連製品としては、
 12誘導心電計(安静時タイプと負荷試験対応タイプ、ー平成19年認可取得)、
(カフ型血圧計付き、−平成21年認可取得)
(スマートホン、タブレット対応タイプー平成19年認可平成22年発売)
(パルスオキシメータ入力表示タイプー平成21年認可平成23年発売)
 製造元 ハンガリ国ラブテック社
 機種  12誘導心電計のスマートホン或いはタブレットSIM Card入りタイプ  
医療機器製造販売業 メディカルテクニカ有限会社
お問い合わせ及び販売 株式会社グッドケア


ワイヤレス マルティセンサー スマートホン パソコン 対応

ワイヤレス 12誘導心電図伝送 富士の国

スマートタブレット 12誘導心電計

各種 センサー で、目的にあったシステムを設計できる
開発キットをご用意しております
世界の研究機関で採用されて、且つ、続々と、新製品が
開発されています。特に価格が低い点が特徴。
テレバイタルの特長 テレバイタルと救急車 12誘導心電図の
救急における重要性
パソコン心電計と
テレバイタルシステム例
無線ラン
12誘導心電計
パソコン心電計
パソコンセットアップ
パソコン心電計
サンプルJPEG図
パソコン心電計
電子カルテとの関係
キューアーエス
ダイアグノスティック社
パソコン心電計
心電図ファイル形式
心電図のページ ポケットパソコンの
医療ソフト
ホームページ作成
を無償でお手伝いします。
パソコン心電計のパソコンの
基本仕様は、Windows
 IBM コンパチブル
パソコン適応(IEC60950規格のこと)

12誘導心電計として、安静時のみ、カルディオビュは、2001年12月認可取得

ワイヤレスで、安静時、歩行時、負荷時のデュナは、2007年4月認可取得

ワイヤレスで、非観血血圧機能付き、安静時及び歩行時、負荷時の
バラトンは、
2010年4月に正式認可を頂きました。


ワイヤレス心電計アンプは、携帯電話のパソコン機能で、
携帯電話式12誘導心電計として、
遠隔医療、救急医療、在宅医療、医療連携、集団検診等にご利用頂けます


全く新しい12誘導心電図の活用法をご提案


研究用 ワイヤレス ブルーツース 連続血圧波 連続血圧値 心拍数 測定 記憶 表示 解析計

詳しくはこちら 追加

Medical Teknika Medical Teknika Medical Teknika Medical Teknika Medical Teknika
Medical Teknika Medical Teknika Medical Teknika Medical Teknika Medical Teknika
Medical Teknika Medical Teknika Medical Teknika Medical Teknika Medical Teknika
Medical Teknika Medical Teknika Medical Teknika Medical Teknika Medical Teknika

非観血血圧付き心電図ホルタの文献   負荷心電図検査の医学文献   エアロビックの効果   心電・血圧ホルタ記録器

グッドケア   ブルーツース   デュナ  デュナの実例    遠隔同時表示   ラブテック製品   Labtech products